Fandom


ANUBIS ZONE OF THE ENDERS
ジャンル ハイスピードロボットアクション
対応機種 PlayStation 2
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1 - 2人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2003年2月13日
・スペシャルエディション・スペシャルエディション限定版 2004年1月13日
・コナミ殿堂セレクション 2005年5月26日
価格 7,140円
・スペシャルエディション 3,465円
・スペシャルエディション限定版 3,675円
・コナミ殿堂セレクション 1,890円
その他 第7回文化庁メディア芸術祭にてエンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選出
2002年 GAME AWARDS FUTURE 優秀賞
2003年 GAME AWARDS YEAR 2002-2003 特別賞
  

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS

作品概要 編集

2003年2月13日に発売されたプレイステーション2用ロボットアクションゲーム。『Z.O.E』の直接の続編に当たる。監督、脚本は村田周陽。キャッチコピーは「未確認浮遊快感」、「僕らは、宇宙でやっと自由になれる」。

基本的なシステムは前作を踏襲しており、バーストショットの高速化やグラブ攻撃による敵の保持、サブウェポンがエネルギー共有式になったといった変更点もある。

木星衛星カリストで採掘工をしていた元バフラム軍人ディンゴ・イーグリットが、レオの手によって隠されていたジェフティの発見を機に、過去の因縁に決着をつけるため、かつての上官ノウマンと死闘を演じる様を描く。公式webサイトでは第1作と本作をつなぐ小説が公開されている。

ミニゲームとして、ジェフティ以外のOFを操作できる対戦や作中でのイベント、タイムアタック、撃墜されるまで戦うサバイバル、ボスバトルなどが出来るエクストラミッション、その他に『グラディウス』を模した3Dシューティングゲームの「ZORADIUS」(ゾラディウス)が収録。『Special Edition』ではエクストラミッションが増えている。

欧米版での追加要素を収録して2004年1月15日に発売された『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS Special Edition』では、追加要素が拡張された他、グラフィックの作りこみ強化、戦闘パートの追加、デモシーンの追加が行われている。

ヴァイオリン演奏に金子飛鳥を起用した主題歌『Beyond the Bounds』(歌:木村真紀、作詞:Scott Dolph & Sana、作曲:桐岡麻季、編曲:久米大作)のスキャットはフィンランド語をベースに創作された造語で歌われており、歌詞のイメージはエジプト神話をモチーフとしている。スタッフの談話では、造語部分は「スペル(呪文)を詠唱するようなイメージ」とされている。オンラインショップのAmazon.co.jpでは1000本以上を売り上げた。オリジナルサウンドトラックにはSanaが歌うテクノポップVer.の「Beyond the Bounds (Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana)」が収録されており、こちらはヨーロッパ版『ANUBIS』のオープニングテーマと、スペシャルエディションの裏オープニングテーマとして使われ、音楽ゲーム『pop'n music 8』のPS2版にも短縮版が収録されている[1]関連のあるコナミ作品の節も参照)。

登場人物編集

ディンゴ・イーグリット(Dingo Egret)
声 - 井上和彦
28歳。本編の主人公。かつては、バフラム軍軍属の元軍人で、ノウマンの部隊(03中隊)に所属していた経歴を持つ。軍内でも、唯一ノウマンに対抗できる腕前を持つと言われたエースパイロット。しかし、ある事件をきっかけとして、脱走同然のようにバフラム軍を退役した。
その後、木星の衛星、カリストで採掘作業員をしながら隠棲。オープニングアニメーションでは、旧式の作業用LEVで、高い氷壁を三角飛びで駆け上がるといったテクニックを披露している。
一見皮肉屋で厭世的だが、本来は正義感が強く情に厚い性格であり、一度仲間と認めた相手には義理を貫く。そのため、バフラムでもカリストでも多くの仲間から好かれていた。
エイダ(ADA)
声 - 芳野美樹
ジェフティに搭載された、独立型戦闘支援ユニット。自らを人間のように扱うレオに対して否定的な発言をしたこともあるが、レオとのふれあいにより、思考はより人間的になっている。戦闘中には自発的に武器変更を提案するなどの支援も行うようになり、承諾すると自動で武器が変更される。
ケン・マリネリス(Ken Marinaris)
声 - 雪乃五月
19歳。ノウマンの部下で、オービタルフレーム・アージェイトのフレームランナー。ノウマンによって致死性の重傷を負わされたディンゴに、連合宇宙軍のスパイと名乗って近づき、バフラム軍医療スタッフを騙して治療させた。その際、ジェフティの動力に心肺機能を依存させる形で蘇生させることで、ディンゴを強制的にジェフティの操縦者に仕立て、アーマーン計画の阻止に駆り出した。
生真面目だが、冒頭でディンゴと対峙した際には、出会い頭にいきなり拳で殴りかかり、皮肉屋で威圧的なディンゴを相手に一歩も退かずに口論するなど、勝気で男勝りな性格。フレームランナーとしての腕も悪くは無いが、自動化された操縦系が前提で、支援AIを削除されたアージェイトは全く操作できなかった。
謎の掛け声「はいだらー!」を叫ぶが、これは脚本担当の村田周陽が思い付いた言葉で、特に意味がある訳ではない。
胸が大きく見えるが、小島秀夫は、プロテクターを着用しているためと述べている。
レオ・ステンバック(Leo Stenbuck)
声 - 鈴村健一
16歳。前作の主人公。アンティリア事件の後、アトランティス号のクルーとなり仲間やジェフティ 、ADA を守るため、正式に連合宇宙軍に参加している。そこで機動兵器のパイロットとしての才能を開花させ、最新鋭の可変型アドバンスドLEV「ビックバイパー」のパイロットとなる。
ジェフティのアーマーン突入、自爆を阻止すべく奔走する中で、覚醒したジェフティとそのフレームランナーとなったディンゴに出会う。当初はディンゴに対して嫉妬にも似た感情を抱くが、ディンゴのランナーとしての腕前と人柄を信じ、ジェフティとエイダを託す。
ノウマン(Nohman)
声 - 小杉十郎太
43歳。本名はリドリー・ハーディマン。アーマーン計画の立案者であったリコア・ハーディマン博士の実子であり、現在のアーマーン計画の指揮者。優秀なフレームランナーでもあり、オービタルフレーム、アヌビスに搭乗する。
普段は爬虫類のように冷徹で、無気味な微笑以外には感情を表そうとしないが、ひとたび感情が高ぶると目を見開き歯を剥き出しにして相手を恫喝する。
彼が推進するアーマーン計画には謎が多く、単純な大規模破壊兵器を用いた武力による支配が最終目的ではなく「全てを終わらせる破壊」を目的としている。
ロイドとの会話内容から、身体に何らかの強化手術を行っている事が解る。
デルフィ(DELPHI)
アヌビスに搭載された独立型戦闘支援ユニット。声優も同じ芳野美樹。
ヴァイオラAI(Viola A.I.)
声 - 手塚ちはる
前作で戦死したヴァイオラの一部人格を移植したAI。前作に登場したネイトの後継機であるオービタルフレーム、ネフティスをコントロールする。
生前のヴァイオラの闘争本能とジェフティへの執着心をコピーしており、幾度となくジェフティとディンゴの前に立ちはだかる。前作のヴァイオラと共通の台詞がある。
ロイド(Lloyd)
声 - 阪脩
70歳。バフラム軍に所属するオービタルフレームのシステムエンジニアであり、アージェイト等の開発をおこなう。自身もオービタルフレーム、インヘルトのランナー。訓練時代のディンゴとも面識があり、師弟のような関係だったらしい。生粋の職人気質で、バフラムの現状を憂いつつも揺るぎない忠誠を捧げている。そのため、ディンゴがアヌビスへの対抗手段を求めて現れた際には、ディンゴの意思を理解しつつも、インヘルトを駆りジェフティと対峙する。最後にはジェフティにゼロシフト起動用のプログラムを転送、自分の要塞に来襲したアヌビスからジェフティを逃がした後、憤慨したノウマンによってインヘルトの頭部ごと潰された。
強化手術を受けており、後頭部と前頭部から3本のコネクタが突き出した外見を持ち、本人は「性能を追求した結果」と述べている。
インヘルトと同じく、金子一馬がキャラクターデザインしている。
エレナ・ワインバーグ(Elena Weinberg)
声 - 小林優子
28歳。連合宇宙軍の特務輸送艦アトランティス号の副長。副長ではあるが事実上の指揮官となっている。
テイパー(Taper)
声 - 堀川仁
24歳。連合宇宙軍のLEVパイロット。普段は尊大かつお調子者で口も達者な自慢屋。実際はオービタルフレームを見ただけで逃げ出してしまうほどの小心者だが、圧倒的な戦力差を前にしても、仲間の援護のため火星に向かおうとディンゴに協力を求めた。
リック
声 - 岩田光央
18歳。採掘作業員。カリストでのディンゴの同僚。線の細いやや気弱な青年。ディンゴを兄のように慕っていた。
アンジー
声 - 日笠山亜美
22歳。オペレーター。カリストでのディンゴの同僚。ディンゴに積極的にアプローチしていた。
ヴォルコヴォ
声 - 立木文彦
38歳。4人構成のザカートランナーズのリーダー。階級は中尉。ドレッドヘアーとサングラスという容姿の持ち主。複数のランナーで操縦するOFザカートの指揮を取る。
ザカートランナーズ(ZAKAT RUNNERS)
ヴォルコヴォの指揮下で、巨大オービタルフレーム「ザカート」の操縦を担当する3名のチーム。球形のヘルメットを被っている。
エリー・ケイトン
声 - 熊谷聖香
42歳。バフラムの兵器「ベクターキャノン」を奪取した連合宇宙軍エイトヘッド小隊の副隊長。突然現われたネフティスに倒された。
無敵艦隊艦長
声 - 谷口節
54歳。自分の艦隊に絶対の自信を持っている艦長。連合宇宙軍掃討に向かう途中、ジェフティを発見し撃破しようとするが、逆に撃沈される。
リコア・ハーディマン
故人。ノウマンの父親。アーマーン計画の立案者であり、ジェフティとアヌビスの開発者でもある。
リチャード・マリネリス
故人。ケンの父親であり、バフラム時代のディンゴの部下。ディンゴも幾度か助けられたことがある。ジェフティとアヌビスを造るためのメタトロン搬入作戦において、連合の部隊と交戦し死亡している。

登場兵器 編集

詳細はそれぞれのリンクを参照。

オービタルフレーム
LEV

音楽 編集

『Z.O.E』シリーズは一人のアーティストだけが手掛けておらず、それぞれ作曲者が違う。『ANUBIS』の音楽では6人のアーティストが手掛けている。その中で一つしか楽曲を作っていないのは木村真紀と鈴木光人feat.sanaの2人であり、他はそれぞれ戦闘曲やステージ曲、イベント曲を手がけている。入っている楽曲数とCDの最大録音時間の都合で全曲が曲がループしない、ループ前にフェードアウトする。楽曲の随所に「Beyond the Bounds」のサビ部分、又は歌の部分がアレンジされて入ることがある。

『ANUBIS』のサウンドトラックに入っている曲一覧((アーティスト名))CD番号順。CD番号順はストーリに沿ってはいない。

岡村憲明のストーリー案 編集

『Z.O.E』と関わりのあったディレクターの岡村憲明のブログで、プロジェクト初期のタイトル「アトランティス」のストーリー案、そしてレオが主役だった場合の没ストーリー案が公開されている。同時に、岡村憲明と『Z.O.E』、当時の小島組、小島秀夫との関わりについても記載されている。

レオを主役とした没ストーリーの要約は以下のとおり。詳細は、岡村憲明のブログを参照。

アンティリアを脱したレオは、アトランティス号のメンバーと共に火星へ行き、ジェフティ輸送の本当の依頼者を知る事になる。 その後、一度地球を経由して再び火星へ赴くレオ。アーマーンを用いて火星の人民を人質に取ったバフラムを止めるべく、ジェフティはアーマーンへ乗り込み、アヌビスと対峙する。

戦闘の最中、アヌビスのフレームランナー、ノウマンはジェフティとアヌビス、そしてメタトロンと文明に関係する事柄、戦いの理由を語り始める。

脚注 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。